2021年のパフォーマンス管理におけるデータ視覚化の役割

公開: 2021-08-31

テクノロジー業界にいる場合は、データの視覚化について多くのことを聞いたことがあるでしょう。 これは、データの視覚化が、マーケターやデータアナリストがマーケティングや運用活動に関する重要な情報を抽出するために使用する頼りになる方法の1つだからです。

しかし、それだけではありません。データの視覚化が今日の時代に適しているわけではありません。 今日のマネージャーにとって一般的な問題の1つは、従業員のパフォーマンスの測定です。 ビジネスがますますデジタル化されるにつれて、プロセスとタスクは分散化されています。 この分散化は、管理者が管理を追跡および維持することがより困難になることを意味します。

ここで、パフォーマンス管理が役立ちます。 現代の世界で最も成功している企業は、世界がテクノロジー指向でデータ中心になっているため、従業員のパフォーマンスを効果的に測定および管理する方法を考案した企業です。

では、データの視覚化はパフォーマンス管理と何の関係があるのでしょうか。 それがまさに今日のブログで議論することです。 このブログの終わりまでに、パフォーマンス管理とデータの視覚化とは何か、そして後者が組織のパフォーマンス管理の改善にどのように役立っているかについて、かなり良いアイデアが得られるでしょう。

それでは、最初にパフォーマンス管理を理解することから始めましょう。

パフォーマンス管理を理解する

パフォーマンス管理とは、組織のパフォーマンスを向上させるために使用される一連のデータ駆動型アプローチを指します。 業績管理には通常、複数のソースからのデータ(従業員の業績レビューからのデータや財務報告からのデータなど)がこれらのデータポイントを分析し、このデータ分析に基づいて改善のための戦略を設定することが含まれます。

業績管理の目標は、何よりもまず、雇用主の目標を従業員の目標と一致させることです。 より全体的なスケールでは、業績管理は、部門や個人の目標ではなく、組織の目標に向けて作業できるようにすることで、従業員の業績基準を改善することを目的としています。

さらに、企業はパフォーマンス管理を使用して、効果的なパフォーマンスに対する障害や障壁を特定します。 これを行う方法の1つは、従業員の長所と短所、および職位の特定の要件を特定することです。 これにより、企業は、従業員が最大限の能力を発揮するのを妨げる可能性のある仕事の特定の側面を理解することができます。

では、データの視覚化はどこに当てはまるのでしょうか。 まず、データの視覚化とは何か、そしてそれが何年にもわたってどのように変化したかを理解する必要があります。

データの視覚化を理解する

データの視覚化は、特定のデータポイント、パターン、および傾向を強調する方法でデータを表現するプロセスです。 多くの場合、特定のメッセージをすばやく簡単に伝達するために、色、形、その他の機能によって強化されています。 データの視覚化は、チャート、グラフ、またはマップでデータを表すために何世紀にもわたって使用されてきましたが、今日では、データの視覚化は複雑なデータの描写でより一般的に見られます。

そのため、データの視覚化は、21世紀の職場など、データが豊富な環境でパフォーマンスを管理するための重要なデータ駆動型アプローチです。 ビジネスがますますデータ中心になるにつれて、パフォーマンスの管理はデータの理解と解釈にますます関連しています

データの視覚化のおかげで、この解釈はこれまでになく簡単になりました。 この手法の多様性により、データアナリストとマネージャーの両方にとって非常に貴重です。 複雑なビッグデータの傾向を描写することから、すべての従業員のパフォーマンス指標を描写することまで、データの視覚化は21世紀の評価指標の最前線に立ってきました。

しかし、データの視覚化は、パフォーマンス管理手段をどのように正確に表現しているのでしょうか。 読む!

ありそうもないコンボ

データ視覚化の主要なトレンドの1つは、ダッシュボードをデータストーリーとして表現し、人工知能をデータストーリーに組み込むことです。 これらのデータ視覚化ツールは、マネージャーと従業員の両方にデータ主導の洞察を提供するのに非常に効果的です。

これは、過去のパフォーマンス管理における主要な障害の1つが、データの過負荷であったためです。 データ主導の情報に基づいた意思決定を行うには、データサイエンティストは、パフォーマンスの傾向を理解するために、複数のソースからのデータをふるいにかけ、データの視覚化を作成する必要があります。 データストーリーテリングツールにより、データの視覚化はかつてないほどアクセスしやすくなりました。

パフォーマンス管理に関しては、データの視覚化は、マネージャーと従業員の両方がデータ駆動型のパフォーマンス決定を行うのに役立つ重要なデータ駆動型ツールになりました。

データ視覚化ツールが普及する前は、データ主導の洞察は、必要な技術的スキルを持ったデータサイエンティストだけが利用できました。 ただし、データストーリーテリングツールを使用すると、誰でも意味があり、解釈しやすいデータの視覚化を生成できます。

管理者にとって、データの視覚化により、データ分析がこれまでになく簡単になりました。 これを従業員のパフォーマンス基準と組み合わせると、従業員が実行したタスク、それらを実行した速度、および実行の最終結果を示すデータダッシュボードのありそうもない組み合わせが得られます。

あなたがテクノロジー会社のマネージャーであり、各従業員の月次または週次のパフォーマンスを示すダッシュボードにアクセスできると想像してください。 このダッシュボードには、タスクの実行に要した平均時間と、タスクの難易度、およびタスクの最終結果の描写(たとえば、獲得したリードや成約した取引)が表示されます。

目の前にデータが表示された状態で、従業員の評価を行う方がはるかに簡単ではないでしょうか。 それこそが、データの視覚化によって現代のマネージャーができることです。

データの視覚化により、管理者は必要な情報を提供されるため、全社的な取り組みを通じてパフォーマンスを向上させることができます。 これは、企業が直感ではなくハードデータに基づいて意思決定を行うのに役立つため、現代のデータ分析の不可欠な部分です。

これは、より賢く、より勤勉な従業員が、生産性の低い従業員と比較して、より高い金銭的および非金銭的インセンティブで報われることを意味します。

結論

このデータ視覚化の時代では、データはパフォーマンス管理プロセスの不可欠な部分です。 ただし、データ自体は何も実行せず、データが存在するだけではパフォーマンスの向上につながることはありません。

しかし、データの視覚化により、データが活気づき、ビジネス組織内のパフォーマンスを向上させるために簡単に使用できます。 管理者は、データの視覚化を使用して従業員のインセンティブに関するより良い意思決定を行い、ハードデータを使用して個人的な偏見を排除しながら従業員のパフォーマンスを判断できます。

正確なデジタルソリューションでデータ視覚化の世界を探る

Accurate Digital Solutionsは、パフォーマンス管理やその他のプロセスを改善するために、数十の企業がデータの視覚化を実装するのを支援してきました。 私たちの専門家チームは、データの視覚化を完全に実装するために必要な技術的能力に精通しているため、データ中心のアプローチに頼って最も重要な決定を下すことができます。

Accurate Digital Solutionsが企業のデータ視覚化技術の実装にどのように役立つかについては、今すぐお問い合わせくださいコストを節約し、長期的に成長と成功を後押しするより良い意思決定を行うことになります。